Create Self Rails

「自分の道を行く」と決意した 28 歳の男が、自分が発信したいと思ったことを発信するブログである。

今無職でも不安にならなくていいと思う

f:id:projectkanata:20170507210704j:plain

どうも、カナタです。

 

僕は2017年3月末で会社を辞めて、4月から無職になりました。

 

無職になって1ヶ月経った頃は、不安もありましたが、

1年経ってやっと自分にあった仕事が見つかったんです。

 

だから、今あなたが無職だったとしても不安にならなくていいと思います。

 

 

 

将来何が起こるかはわからない

不安の原因は色々あると思います。

  • 将来がわからない
  • 失敗は嫌だ

 

確かに、これから何が起こるかわからないのは不安です。

悪いことが起こるかもしれないけど、良いことだって起きます。

将来何が起こるかわからないからこそ楽しいって思うんですよ。

 

これからの未来に起こる小さなヒラメキやチャンスを逃さない。

失敗するかもしれないけど、何もしないよりはマシだから。

 

失敗はするもの

失敗するのが怖い、不安だと思っている場合。

別に失敗してもいいんです。命をとられるわけじゃない。

取り返しのつかない失敗はまずいですが、そうそうそのような場面には遭遇しないでしょう。

 

「失敗はするもの」という前提であれば、どんどん行動できるようになっていく気がしてきませんか?

 

別に失敗したって、いいんだよ。

 

インサイド・アウトであれ

世の中には2種類の人間がいます。

出来事を全て他人の責任にする人と、出来事を全て自分の責任にする人です。

前者はアウトサイド・イン、後者はインサイド・アウトと呼ばれます。

 

例えば、「俺が今も無職なのは世の中のせいだ!政治が悪い!俺は悪くねぇ!」というのがアウトサイド・インです。

逆に、「俺が今も無職なのは自分の努力が足りないせいだ。これからも努力しよう。」というのがインサイド・アウトです。

 

アウトサイド・インの人は自分の心を変えようとしません。環境や周りに依存しています。環境が良くなればそれに釣られてやる気を出しますが、悪くなると文句を言い出します。つまり、わがままで自己中心的です。

環境や周りに依存しているから、それが崩れないかと不安を抱えながら生きていかなければなりません。

 

インサイド・アウトの人は自分の心を変えます。どんなに環境が悪くてもそこに幸せを見出します。

少なくともアウトサイド・インの人よりも不安は少ないでしょう。自分の心を変えれば不安は解決できると考えているからです。

 

あなたは、アウトサイド・インの考えをしてしまっていませんでしたか?

インサイド・アウトの考え方を身につければ不安も解消できて、積極的に行動できるようになりますよ。

 

 

心を変えるのは「大変」

それでも、「簡単に心を変えることができたら苦労はしない」という考えも出てくるでしょう。(この考えこそ、アウトサイド・インですね笑)

 

大変とは、「大きく変わる」と書きます。

小さく変わるではありません。大きく変わるんです。

 

大きく変わるためには、多くの時間を使います。

今までの人生で根付いた心を変えるのは、「大変」です。

苦労しないと変われないんです。

苦労するから、大きく変われるんです。

 

心は簡単には、変わりません。

なぜ、簡単に変われると思っていたのでしょうか。

 

さいごに

今は不安でも、人生何が起こるかわかりません。

失敗もたくさん経験するかもしれません。

でも、そこで不安が強くなりすぎて何も行動できなくなってしまったら終わりです。

 

そうならないように、インサイド・アウトの考えをしていけば大丈夫です。

不安とうまく付き合っていきましょう。

 

それでは!ヾ| |