Create Self Rails

27歳、北海道に住む元IT企業SE。夢を叶えるために新卒で入社した会社をわずか1年で退職。自立していくために、色々と試行錯誤中。 夢は自分の作ったアプリ・ゲームで人の役に立つこと!主にアプリ・ゲーム・ブログといった創作活動や好きなことについての情報発信をしていきます。 好きなこと/ものは創作活動・プログラミング・ラブライブ!・北海道・オーバーオール。

浪人や留年の生活がつらいと感じているあなたへ

f:id:projectkanata:20170617222958j:plain

どうも、カナタです。

 

浪人や留年、つらいですよね。

僕は、浪人と留年どちらも経験したので、浪人や留年のつらさはよくわかります。

 

今回は、浪人や留年をしてつらいあなたに元気を出してもらいたくてこの記事を書きました。

 

 

僕が浪人したのは、勉強しなかったから。

勉強しなくても、できると思ってたから。

遊んでばかりだったし、いざ勉強しようとしてもどうもやる気が起きなかった。

 

なぜやる気が起きなかったのか。

 

未来に絶望していたからか、

やりたいことがわからなかったかのどっちかかな、と今では思います。

 

だけど、浪人中にやりたいことを見つけたんです。

それは、RPGツクール*1を使ったゲーム制作。

 

「大学に入ったら、RPGツクールでゲーム作る!」

と意気込んだ僕は、急に力が湧いてきたんですよね。

 

心からやりたいことが見つかったとき、

生きる力が生まれるんだなーって思いましたね。

 

このゲーム制作の想いは今でも流れています。

 

そして時は流れ

 

就活では面接でなかなかうまくいかず、

さらに面接官に辛辣な言葉を言われました。

「自分はダメなやつだ」

と思い込み、自信をなくしていきました。

 

これが僕が留年するきっかけになった出来事です。

 

ついには絶望し、自暴自棄になって引きこもり、ひたすらゲームをする日々。 

当時の僕は、自殺する一歩手前まで精神がやられていました。

 

ある日、パソコンのデータを消しました。

未来にメールが送れるサイトを使って、

死んだあとに友達にメールが届くようにしようとしたこともありました。

生きる意味がわからなくなって魂とは何か、この世とは何なのか、死んだらどうなるのか、ということも調べました。

自殺スポットまでの道のりを調べたり、自殺の方法まで調べたり。

 

でも結局、死ねなかった。

心の奥底では、まだ死に対する恐怖や心残りがあったんだと思います。

だから、適当な理由をつけて死を回避した。

 

結局、半年休学しその後留年という形になりました。

 

浪人や留年は、見方を変えれば失敗ではありません。

自分の人生を見直すのにちょうど良い時間がとれた、と思えばいいのです。

 

勉強するなり、自分を見つめ直すなり、

何か生きる目的を見つけるなりすれば良いのです。

 

ときどき浪人や留年を批判する人を見かけますが、

そいつらはバカです。

バカで人を見下し、相手の気持ちを考えられない奴らなので、

相手にしなくていいです。

 

浪人や留年しても、成功したり有名になったりした人はいます。

あのビルゲイツも、大学を留年した経験があるんですよ。

 

だから諦めないで。

絶望しないで。

 

浪人や留年してつらいからといって、

自殺するなんてもってのほかです。

 

このような悩みは、ひとりで悩んでても解決しないどころか、

悪化する可能性のほうが高いと僕は考えています。

 

当時の僕も誰かに相談できていたら、

少なくとも引きこもることや自殺を考えることはなかったと思います。

 

もし誰にも相談できないのであれば、

僕が相談に乗ります。

どんなに小さな悩みでもOKです。

 

ここから送ってください。

 

それでは!ヾ| |

*1:その名の通りRPGを作れるゲーム。やりようによってはRPG以外のゲームも作れたりする