Create Self Rails

「自分の道を行く」と決意した 28 歳の男が、自分が発信したいと思ったことを発信するブログである。

平成30年北海道胆振東部地震での僕の行動と得た教訓

f:id:projectkanata:20180909170005p:plain

 

どうも、カナタです。

 

96日午前38分、北海道で最大震度7の地震が起きました。

北海道では初めての震度7、北海道全域で停電など前代未聞の出来事でした。

 

北海道住みの僕も被害を受けました。

このことを忘れないように、

ここに僕の行動を時系列順に、また今回の地震で得た教訓を書き留めておきます。

僕の行動と教訓が、今後あなたにも役立てられれば幸いです。

 

僕の行動

9月6日

午前38分 緊急地震速報で起きる。震度7という文字がチラと見えた。

かけ布団をかぶって防御する。

幸いにも、多少文房具などが落ちたぐらいの被害ですんだ。

その後すぐにテレビをつけてNHKを確認。

 

3:18 家族から電話がくる。無事なのを確認。

テレビをつけっぱなしで寝ようとするも、10分ほどしたあとに停電になる。

 

夜明け なかなか寝れずに夜が明けた。

 

6時ごろ 水が出るのを確認。

 

7時ごろ 近くのコンビニへ。20分ほど並んでお菓子、パン、コーヒーを買う。

食べながらTwitterで情報を確認。

 

8時 会社から今日は休みとの連絡が来る。

スマホのバッテリーをMacBookUSBで繋いでまかなう。

ウォークマンのFMラジオ機能でラジオを聞く。まさかの大活躍。

FMラジオ機能を付けてくれた人に感謝。

 

9時ごろ 通電火災(知らなかった!)をTwitterで知りブレーカーを落とし電源ケーブルを抜く。

 

10時ごろ 断水を警戒し(Twitterで回っていた断水になるというのはデマだったようです)水をペットボトルに入れたりお風呂に水を入れたりする。

 

11時半 スマホの回線が圏外になりネットが完全に使えなくなる。

 

12時 お菓子を食べる。

 

13時 ラジオで復旧が明日になるとの情報もあり少し歩いてスーパーでお菓子などを買う。

電気がつかなくて真っ暗だった。

 

14時ごろ 一部地域で電力が復旧したとの情報がラジオで流れる。

 

15時ごろ 近くの信号機が復活したのでブレーカーを戻す。電気復旧。

すぐにスマホ、PCを充電する。

 

17時 ごはんを炊く。

 

18  ごはんにふりかけをかけたものとインスタントみそ汁を食べる。

ごはんがいつもより美味しく感じられた。

 

21時 シャワーを浴びる。実家はまだ停電中。

 

22時 寝る。

 

97

7  起床。半分程度の地域で電力が復旧していた。会社は今日も休み。実家の電気は復旧した模様。

 

11時 Yahoo募金で少額ながら募金する。災害に募金をするのは初めて。

 

16時 コンビニに買い出しにいくも食料はほとんど残っていない。

 

18時 ごはん、ゆでたまご、おつまみえだまめなどを食べる。近くのスーパーが12時から営業することを知る。

 

22時 寝る。

 

9月8日

7時 コンビニに食料がない。近くのスーパーが午前9時から営業することを知る。

 

9時 スーパーが長蛇の列なので諦めて少し遠めのスーパーに並びに行こうとする。

 

9時10分ごろ 移動途中で帰るかどうか迷うも行くことにする。ここで行くことを決断したのは偉いと後から思う。

 

920分ごろ  朝ごはんをろくに食べていなかったため、

体力が尽きかけるも途中のコンビニでおにぎりを買い回復。このおにぎりの美味しかったこと!!

 

10時 スーパーには多少人が並んでいたものの無事に食料ゲット、安心する。

 

13時 カップヌードルを食べる。

 

18時 レトルトカレー、たまごスープ、トマトを食べて久しぶりの満腹感。

 

23時 寝る。

 

9月9日

7時半 起床。今日はほぼいつも通りの日曜日になる。

 

17時 コンビニはまだ食料がほぼない状態。なぜか大量にあった納豆と最後の1個だったサラダなどを買う。

 

18時 今日もレトルトカレー、そしてサラダ。

 

今回の地震で得た教訓

乾電池で動くラジオや懐中電灯、非常食や水などをほぼ用意できていませんでした。

米があったのが本当によかったです。米すら少なくなっていたとしたらゾッとします・・・

備えあれば憂いなしとはよく言ったものです。

 

こんなに長く停電が続くとは思ってませんでした。

「まさか起きるとは思っていなかった」はよく聞くフレーズですが、

しかし起こってしまったわけで。

 

僕の地域は幸いにも12時間ほどの停電ですみましたが、

丸一日二日停電した地域も多かったようです。

 

また電気よりも困ったのが食べ物の確保。

行動記録にもあるようにコンビニに食料はほぼなく、スーパーも長蛇の列。

こんな経験は初めてでした。

流通が元通りになるまでは食料確保が困難になると思われます。

 

電気の大切さ、備えることの大切さ、そして自然には逆らえないということが身にしみました。

 

ある程度落ち着いたら、僕は防災グッズを買い込むと思います。

備えあれば憂いなし、です!

 

それでは!