Create Self Rails

「自分の道を行く」と決意した 28 歳の男が、自分が発信したいと思ったことを発信するブログである。

【創作活動で大切なこと】「初心者」を言い訳に使ったらダメ

f:id:projectkanata:20170705161905j:plain

どうも、カナタです。

 

僕は、「初心者」という言葉が好きではありません。

あと、「拙い作品」だとか、「まだ◯ヶ月目なので…」とかも。

 

なぜか?

 

これらはぜーんぶ言い訳にすぎないから!

  

初心者であることを言い訳にするのってダメなんですよね。

成長しないから。

そして言い訳がクセになって、ずっと初心者って言ってるのってダメなんですよね。

成長しないから。

 

「初心者だから許される」とか「初心者だからこれぐらいの出来でも大丈夫」とか思ってて努力をしない。

だから成長しないんですよ。

 

もちろん最初のうちは初心者初心者言ってても許されると思います。

でも言い続ければ、そのうち「いつまで初心者言ってんだ」って一蹴されちゃいますよ。

そして気づけば、頑張っている周りの人たちに置いていかれてしまって

 

こうは、なりたくないですよね。

 

ちなみに僕はこのブログでは、「僕は初心者です」とは一言も言ってません。

言い訳をせず、しっかりと自信を持って作品を作り、発表しています。

 

 

では、なぜ「初心者だから」と言ってしまうのか?

  

それは、あなたに自信がないから。

f:id:projectkanata:20170705161850j:plain

たとえ作品の出来に自信がなくても、「初心者なもんで><」とか言っておけば、

「良いとは言えないけど、初心者なら仕方ないね」

あるいは「初心者にしてはなかなか良い作品だね」と言ってくれる人がいる。

 

そういう考えは、甘いです。

そうやってチヤホヤされることに慣れると、

「とりあえず初心者ってつけとけばいーや」ってなって、成長しなくなる可能性があります。

 

初心者だなんて言わずに、堂々と作品を発表しましょうよ。

一生懸命作った作品は、自信をもって発表したほうが良いに決まってます。

 

そこで失敗したっていいじゃないですか。

誰からも反応がなくたっていいじゃないですか。

下手だとか、つまらないだとか、批判されたっていいじゃないですか。

失敗することも、批判されることも、成長のうちですよ。

 

誰からも反応がなければ、反応してくれるような作品にしたり、積極的に宣伝したりすればいい。

批判されたならば、もっと良い作品を作れるように頑張ればいい。

 

少しの失敗で諦めているようでは、いつまでも「初心者」ですよ。

 

僕は、ずっと初心者初心者って言って、言い訳ばかりして成長しない人は正直「軽蔑」します。

あなたは、こうならないように気をつけましょう。

 

逆に初心者でも、成長するために必死に努力をしている人であれば、僕は「応援」します。

あなたには、こうなってもらいたいです。

 

それでは!ヾ| |