Create Self Rails

27歳、北海道に住む元IT企業SE。夢を叶えるために新卒で入社した会社をわずか1年で退職。自立していくために、色々と試行錯誤中。 夢は自分の作ったアプリ・ゲームで人の役に立つこと!主にアプリ・ゲーム・ブログといった創作活動や好きなことについての情報発信をしていきます。 好きなこと/ものは創作活動・プログラミング・ラブライブ!・北海道・オーバーオール。

【創作活動で大切なこと】完璧主義は今すぐやめたほうがいいよ

f:id:projectkanata:20170406174204j:plain

 

どうも、カナタです。

 

あなたは、創作をする上でこんなことに悩んでないですか?

 

  • ひたすら作品の細かい修正を繰り返してしまう
  • 作品を世の中に出すことに対して不安になってしまう
  • 100%完璧な作品じゃないと気が済まない
  • 作品に対する批判を過剰に気にしてしまう
  • 作品の良いところより、悪いところに目がいってしまう

     

あなたがこれら5つのうち、どれか1つでも当てはまるなら、

ぜひこの記事を読んでいってください。

 

あなたを悩ませている原因はズバリ、

 

 

「完璧主義」です。

 

 

完璧主義とは何か?

 

完璧主義とは、何事に対しても常に完璧を追い求める考え方のことです。

 

完璧主義な人の特徴として、

  • まじめすぎる
  • 失敗することがイヤだ
  • 自分にも他人にも厳しい
  • 理想が高すぎる

こんな特徴があります。

 

テストで常に100点を取り続けることに力を入れたり、

仕事で常に良い成果を出し続けることに頑張っている人は

完璧主義と言えます。

 

 

僕も昔は完璧主義でした。

 

会社に勤めていたときは、

上司に送るメールを何回も見直していました。

 

そしてもう何回も見直しているのに、

「送信する前にもう1回だけ見直す」ことは

日常茶飯事でした。

 

さらに、周りからの評価を気にして、

期待どおりにならないと落ち込みました。

 

完璧主義の人は、一見すると失敗しないように努めたり、

常に頑張っていたりする。

これだけ見ると、完璧主義って良さそうですよね。

 

しかし、完璧主義をこじらせると

ストレスがたまって病気になりやすくなったり、

最悪うつ病になってしまったりするかもしれませんよ。

 

例えば、テストで常に100点を取り続けていた完璧主義の人が

あるテストで95点をとってしまったとします。

 

すると、

「ああ、100点を取れなかった自分はダメなやつだ!」

と思ってしまうかもしれません。

 

そうなったら必死に勉強をするでしょう。

 

しかし、もしうっかり次のテストで小さなミスをしてしまった日には、

もう立ち直れなくなってしまうかもしれません。

 

完璧主義をやめれば、小さな失敗でクヨクヨ悩むこともなく、

健康に過ごすことができるようになりますよ。

 

創作活動における完璧主義のデメリットとメリット 

ここまで完璧主義の特徴について話してきました。

次は、創作活動における完璧主義のデメリットとメリットについてお話します。

 

まずは、デメリットからお話しますね。

 

創作活動における完璧主義のデメリット

創作活動における完璧主義にはこんなデメリットがあります。

  

作品を公開するのが遅れる

完璧主義の人は細かいところに目がいきがちです。

 

そのため作品に対して、「直し足りない」と思って

修正を繰り返してしまいます。

こうなると、当然ですが作品の完成、公開は遅れます。

 

あるいは、「完璧じゃないから不安だ」

「あれこれ批判されるのが怖い」と思い、

なかなか作品を公開することに踏み切れないことだってあります。

 

作品の批判に弱くなる

完璧主義の人は失敗や批判を恐れます。

そのため、作品のちょっとした批判に傷ついてしまいます。

 

あるいは、「俺の作品は完璧なのに、どうして批判がくるんだよ!」と

逆に批判者を攻撃してしまう可能性だってあります。

 

斬新な作品を作れない

完璧主義の人は周りからの評価、評判を恐れます。

「あの人がこんな作品を公開するなんて」と他人に思われることを恐れます。

 

そのため、新しいことに挑戦できなくなってしまいます。

 

これまでの作品とは一風変わったものを作ったとしても、

「この作品がウケるだろうか」

と思って公開をためらってしまうかもしれません。

 

ここまで完璧主義のデメリットを書いてきました。

 

では、完璧主義にメリットはあるのか?

ということで、メリットについてもお話しますね~。

 

創作活動における完璧主義のメリット

作品の質が上がる

作品を完璧なまでに仕上げれば、作品の質も上がります。

確かにそのとおりです。

 

ですが、僕は以前こんな記事を書きました。

 

projectkanata.hateblo.jp

  

この記事を見ればわかるんですが、

作品の質って、ある程度のところまでで決まってしまうんですよ。

完成に近づいたあたりで修正を繰り返しても、

大して質は上がらないんですよね。

 

それよりかは、ある程度のところまで作成したら

その時点で作品を公開するのがオススメですよ。

 

成長できる 

完璧主義の人は理想が高いので、成長したい気持ちは人一倍です。

 

作品を公開して、期待どおりの評価がもらえた場合は

成長を実感し、満足できます。

 

しかし、一度でも期待はずれの評価だった場合、

落ち込んでしまいます。

 

最悪自信をなくし、創作活動そのものをやめてしまう可能性も

  

完璧主義の人は、自分の作品を完璧だと思っているので

作品の期待値が上がってしまいます。

 

自分の作品に対する期待値は、なるべく下げましょう。

 

詳しくはこの記事を参考にしてくださいね。

 

projectkanata.hateblo.jp

 

ここまで完璧主義のデメリットとメリットをお話してきました。

正直、完璧主義はメリットもありますがデメリットのほうが大きいです。

 

デメリットが大きいとわかれば、完璧主義をやめたいですよね。

 

じゃあ、完璧主義をやめるにはどうしたらいいか?

  

完璧主義をやめるには 

完璧主義をやめるには、先に上げた完璧主義のデメリットを

知っておくだけでも十分です。

しかし、他にも完璧主義をやめる上で知っておいたほうが良いことがあります。

 

いくつかご紹介しますね。

 

完璧かどうかは他人が決めること 

自分では「これは完璧な作品だぜ!」と思っていても、

相手から「ここ、おかしくね?」とか、

「こうしたほうがいいと思うけどなあ」と

ツッコまれたりすることってありますよね。

 

あるいは、全く反応が無いことも

  

作品が完璧かどうかは、

「作品を作ったあなた」が決めることではないんです。

「作品を見た人」が決める、ということを覚えておきましょう。

 

「階段」を意識する

目指している理想が高い人にオススメです。

 

理想が高すぎて、理想の自分が見えなかったり、

今の自分と理想の自分が離れすぎていたりする。

 

だから、いくら頑張っても頑張っても

理想の自分にたどり着くことができない。

 

そうならないためには、「階段」を意識しましょう。

 

階段って、1段1段登っていくものですよね。

飛ばして登ることもできますが、

せいぜい1つ飛ばして登るのがいいとこ。

2つ飛ばしは相当きついです。

 

先程の、

 

理想が高すぎて、理想の自分が見えなかったり、

今の自分と理想の自分が離れすぎていたりする。

 

だから、いくら頑張っても頑張っても

理想の自分にたどり着くことができない。

 

この話を階段に例えると、

 

「終わりがないように見える階段をひたすら登っている。

それも1段ずつではなく、頑張って3つ、4つ飛ばしで登ろうとしている」

 

こんな感じですね。

 

階段の終わりだけを目指している。

だけど、その終わりがなかなか見えない。

 

一生理想の自分になれないんじゃないか。

その焦りから、早く階段の終わりにいこうとする。

 

頑張って階段を3つ、4つ飛ばしで登ろうとする。

当然、体にかかる負担も大きくなる。

 

いつか限界がやってきて、その後は…。

 

こうならないためには、

階段の終わりを見るのではなく、

今この地点から1段先だけを見ていればいいんです。

 

1段先にいる、ちょっぴり成長した自分を見る。

それになることが出来たら、

次はまた1段先にいる、ちょっぴり成長した自分を見る。

 

これを繰り返せば、理想の自分に少しずつですが

近づくことができますよね。

 

毎日少しずつ成長を重ねていけば、

1年後、2年後にはかなり成長した自分になっているはずです。

 

そうなれば、理想の自分、

階段の終わりも見えてくるでしょう。

  

ときどき息抜きしよう

常に頑張ることなんて、まず体が持たないのでできないですよね。

ずっと寝ないで起きていられないのと同じです。

休憩はどうしても必要なんです。

 

僕も息抜きにゲームをしたり動画を見たりしています。

ただ、「気づいたら1時間経ってた!」

なんてことにならないように

 

1020分程度の休憩を適度にとると、

気分もリフレッシュできますよ。

 

さいごに 

どうでしたか?

 

ここまで読んでくれたあなたは、

完璧主義はもうやめようと思えたはずです。

 

今すぐやめることは出来なくても、

毎日、「完璧主義はやめよう!」と意識するだけでも効果はありますよ(^^)。

 

今日から少しずつ、「完璧主義」をやめていきましょう!

 

それでは!