Create Self Rails

「自分の世界を創る」と決意した 28 歳の男が、自分が発信したいと思ったことを発信するブログである。

コミュ障必見!コミュ障を改善したいならまず〇〇を無くそう

f:id:projectkanata:20170312193902j:plain

どうも、カナタです。

 

コミュニケーション障害、略してコミュ障

聞いただけで気分が悪くなりますね。

 

僕は小学生のときからコミュ障気味でした。

しかも、高校生でぼっちになってしまったことをきっかけに

コミュ障がひどくなってしまいました。

 

 

今では少しずつではありますが改善しています。

それでもまだ話せなくなってしまうことが多いです。

 

僕は考えました。

 

「なぜ、コミュ障になってしまったのか?」

 

僕は望んでコミュ障になったわけではありません。

コミュ障になってしまったのには何かしらの原因があるのです。

 

「因果」というやつです。

コミュ障になってしまった「結果」には「原因」が必ずあります。

 

そこで僕は、コミュ障になってしまった原因を

過去の体験・経験から探りました。

 

 

その結果、僕がコミュ障になってしまった原因は

  • 歯の矯正
  • 自意識過剰
  • 被害妄想
  • 他人に興味がもてない

5つだと考えました。

 

僕はこの原因について11つ調べていました。

その過程で、これらの中で共通していることを見つけたのです。

 

 

それは、「不安」です。

 

 

 

僕のコミュ障原因から探る不安要素

僕がコミュ障になってしまった原因である、

  • 歯の矯正
  • 自意識過剰
  • 被害妄想
  • 他人に興味がもてない

 

これらのどこに不安があるのでしょうか。

 

僕は高校生のとき、声を女子にからかわれたことがあります。

そのせいで結構傷つきましたね

 

声でからかわれた自分の声は変なのかな?と不安に思う声が出せなくなる話せなくなるコミュ障になる

の流れをたどってしまいました。

 

歯の矯正

僕は学生時代、歯の矯正をしていました。

今は終わったのでもう無いですが、学生時代は歯に矯正器具が付いていました。

 

歯に矯正器具がついている変だと思われないかなと不安に思う歯を出して話せなくなる口を開けられなくなる声が小さくなる声が聞き取れなくなる話が伝わらなくなるコミュ障になる

の流れをたどってしまいました。

 

自意識過剰

人にどう思われているか気になってしょうがない!というのが自意識過剰です。

会話するときも、こう言ったらどう思われるかなと考えてしまいます。

 

こう言ったらどう思われるかなと不安に思う変なことは話せなくなるだんだん普通の話までできなくなってくる口数が減るコミュ障になる

の流れをたどってしまいました。

 

 

被害妄想

被害妄想とは、「どこかで誰かが自分の悪口を言ってるんじゃないか?」などと過剰に思ってしまうことです。

ちょっとしたことで「あの人は自分のことが嫌いなんだ!!!」と思ってしまいます。

 

もしかして自分のことが嫌いなんじゃないか…?と不安に思う嫌いなら話したくない!距離をおくことあるごとに繰り返す

話せる人が減っていくコミュ障になる

の流れをたどってしまいました。

 

他人に興味がもてない

他人に興味が持てない人というのは、

自分のことを他人に知られなくなかったり、

他人に裏切られた経験を持っていたりします。

 

ちなみに僕は

自分のことを他人に知られなくなかったですし、

他人に裏切られた(と思い込んでるだけかもしれない)経験を持ってます。

 

自分のことを知られるのが恥ずかしい自分をさらけ出すと何か言われるかもと不安に思うその手の話題に乗れなくなるコミュ障になる

の流れをたどってしまいました。

 

 

コミュ障が抱える不安

 

コミュ障は不安をたくさん抱えています。

僕が話すときに感じた不安を10個あげてみました。

あなたもこんな不安に襲われたことはありませんか?

  

 

  • 声が変だと思われたらどうしよう
  • 悪口を言われたらどうしよう
  • 発言したことで迷惑をかけたらどうしよう
  • 声が出なかったらどうしよう
  • 変なことを言ったらどうしよう
  • 言いたいことがうまく伝わらなかったらどうしよう
  • 自分のイメージが崩れたらどうしよう
  • 笑われたらどうしよう
  • 失言して仲間外れにされたらどうしよう
  • 声が聞き取れなくて聞き返されたらどうしよう

 

 

この不安のせいで話すとき言葉に詰まったり、

意識しすぎて逆に変なことを話してしまったりしてしまうのです。

 

 

コミュ障を改善するには?

 

僕は、コミュ障を改善するには不安を解消していくことが一番の近道だと考えています。

 

なぜなら、不安が解消されなければ、

いくら小手先の会話テクニックを身につけたところで、

話す時にいつまでたっても不安がつきまといます。

毎回話そうとするたびに、不安と戦わなければなりません。

これでは精神が持ちません。

いつか不安に押しつぶされてしまいます。

 

 

不安を無くすには?

 

僕は、不安を無くすには「話すことによる成功」をひたすら積み重ねていくしかないと考えています。

 

例えば、自分から話しかけてみたり

会話に積極的に参加してみたりしましょう。

 

そのとき、不安というモンスターが現れます。

ですが、そのモンスターと逃げずに闘いましょう。

 

逃げると、「また逃げてしまった」と自己嫌悪になって

不安の解消から遠ざかってしまいます。

 

勇気を出して話して、もし失敗したとしても落ち込まず

「失敗したけど、勇気を出して話すことができた!」とポジティブに思えば

次に話すときもまた勇気を出すことができます。

 

 

ですが、不安を全て無くすことはそう簡単にはいかないです。

僕は10年以上もコミュ障であることに悩まされてきました。

10年以上に渡ってシミついた「心の不安」はサビついて、

なかなか落とせません。

僕は少なくとも1年はかかると見ています

長い長い闘いになりそうです。

 

 

まとめ

 

コミュ障を改善するにはまず「話すことに対する不安」を解消するのが

僕のオススメ方法です。

この記事が、あなたのコミュ障を少しでも改善できるきっかけになったとしたら

僕はとてもうれしいです。

 

僕も全ての不安を解消してコミュ障を改善したいです。

そのために少しずつですが、頑張っていきますのでよろしくお願いします!